ハルエネでんきの詳細についてまとめたWIKI。電力の自由化の潮流もあり、当WIKIを立ち上げた。東京都に本社を構える株式会社ハルエネは低価格電力を販売する平成22年創業の企業。

ハルエネでんきとは、株式会社ハルエネの電力供給サービスである。

○会社概要

社名 株式会社ハルエネ

役員 代表取締役社長 神山 仁志
取締役副社長 山口 亜里
取締役 原田 淳史
取締役 内田 憲吾
監査役 小林 宏照
所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-29-16

事業内容 電気事業およびその附帯事業
TEL 03-6773-4714
URL https://www.haluene.co.jp/
設立 平成22年6月1日
資本金 9,900万円

電力販売について
小売電気事業
・北海道電力エリア
・東北電力エリア
・東京電力エリア
・中部電力供給エリア
・北陸電力エリア
・関西電力供給エリア
・中国電力供給エリア
・四国電力供給エリア
・九州電力供給エリア

株式会社サイサン「エネワンでんき」の取次
・東京電力供給エリア
・中部電力供給エリア
・東北電力供給エリア
・九州電力供給エリア

株式会社いちたかガスワン「エネワンでんき」の取次
・北海道電力供給エリア
○ハルエネでんきとは
安心、低価格な新電力サービス。電力自由化に伴い販売を行っている。
これまでと変わらない供給品質でこれまでにないお得な電気代の実現を掲げている。

・お得なプランを用意
現在の電気代がさらに安くなる各種プランを提案可能。

・電気の品質はそのまま
「ハルエネでんき」に切り替えても、電気は従来通りの品質で利用することができる。

・申し込みだけで利用可能
特別な工事や電気を使えない時間はほとんどない。
※スマートメーターへの取り替えが発生する場合、取り替え工事や一時的な停電が発生する場合もある。
○ハルエネでんきの仕組み
大きな電力マーケットから電力を供給することにより、安定した電力供給と低価格を実現している。
ハルエネでんきに切り替えても電力会社の送電網を使って電気が届けられるため、停電が増える、電力の供給が不安定になるといったことはない。今まで通りの品質で利用することができる。
○電力自由化のメリット
電力自由化のメリットには大まかに分けて3つ。
1つ目のメリットは、電力事業が自由化されることによって電力会社を選べるという選択肢が広がった点。
一般家庭と小規模店舗も同じ時期に自由化されているが、特に小規模店舗によっては電力会社を変更したことで
効率的に事業を行うことができるようになった店舗もある。
家庭でも同じように、電力会社によって料金プランの値段なども異なるため安い電力会社に変更したり、
サービスが充実している電力会社に変更するなどによって家計の負担を軽減することに繋がったり、
サービスを受けて暮らしが充実する場合もある。

2つ目のメリットは、エネルギー事業以外の業者も電力自由化に参入している点。
従来まではエネルギー事業を主体とする電力会社しか存在せず、サービスなども比較的少なかったが、
エネルギー事業以外の業者が参入することによって、私たち消費者はこれまでになかったサービスを多く受けることができるようになっていった。
この様々なサービスから電力会社を選ぶ家庭も増えている。

3つ目のメリットは、料金プランのメニューの多様化である。
電力自由化によって多くの企業が電力事業に参入しているので、電力事業では競争が激化すると考えられている。
提供する料金プランはそれぞれの電力会社で自分のところを選んでもらえるように工夫を凝らし、
様々な料金プランを多く設けている。

消費者はこの料金プランをみて、自由に電力会社を選ぶことが可能である。
○電力会社の選び方
電力自由化となり、消費者は電力会社を自由に選んで契約をすることが可能。
消費者は電力自由化について、しっかりと把握して電力会社を選択する必要がある。
選択するポイントには大まかに分けて三つ。

1つめは、サービスが充実しているかどうか。
電力会社の選択肢が多い中で重要になるのがサービスの充実性である。
電力自由化では電気の品質の差で競争をすることは基本的にない。なぜなら電気の品質を保ち、安定した電力供給を行うことは電力事業者の義務で、そこには厳しい基準が存在しているため品質が守られているから。
どの新電力会社を選んだとしても電力の品質に変わりがないため、電力の他の付属価値としてサービスを求めている消費者が多くいる。そのため、サービスが充実している電力会社が選ばれる傾向にある。

2つめは、サポート体制。
一般家庭への電力自由化は2016年4月から始まり、すべての消費者は初めて電力会社を選ぶことになる。
消費者よって電力自由化とは何か、サービス、値段に関しても把握していない方が多くいる。また従来の電力会社よりもシステムや料金プランなど複数あり、分からないことが多くあるので、サポート体制が充実している電力会社を選ぶ必要がある。

3つめは、料金が安くなるかどうか。
新電力会社にはさまざまな料金プランがあるので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができ、電気の料金を安くすることができるところもある。
新電力会社によっては料金シミュレーションなどを設けているところもあるので気軽に確認することが可能。
○電力自由化と豆知識
電力自由化がおこなわれ、2016年4月以降、50KW未満の電力の小売りが自由化された。
具体的には一般家庭やコンビニエンスストアなどの小規模な小売店の電力。
これをきっかけに従来の電力会社以外にも電力を小売りする事業者が増えてきた。現在では1000社以上あると言われている。
新電力会社からはガスや携帯料金などとの組み合わせで消費者にメリットのある料金プランを打ち出しているところもある。

電力自由化によるメリット、デメリットについては下記の通り。
まずメリットでは、新電力会社が増えたことにより価格競争が起きること。それによって、電気料金がお得になるプランが出ている。多様なプランから魅力的なサービスも増えている。その中からそれぞれのライフスタイルに合わせてプランを選択することができるようになってきた。

新電力会社に切りかえたからと言ってこれまでより電気の質が低下することはない。それは電気の品質というのは電力会社によって守られているため。したがって大きなデメリットというのはない。
ただ電力が自由化されることによって不安を持つ方もいる。
たとえば新電力会社に変更したことによって電気料金が安くなった場合、停電が起こるのではないか。電力は安定して供給されるのか。
現在では地域を超えてより効率的に電力の供給をすることができるように需給管理を行っている。そのため安定的な電力需給管理体制が整えられている。
○電気料金を少しでも安くするために
自由化がされたことで家庭での電気料金がどのくらい安くなるかシミュレーションで試算される人も多い。
現在では、さまざまな料金プランがあることでライフスタイルに合わせて選ぶことができる。電気料金については安くなる場合もあるが、必ずしもそうなるわけではない。

料金プランには、昼間に利用する時と夜間に利用する電気代に変化を持たせている。高い時間帯にはあまり使わないような工夫が必要。
電力会社を見直す前に家庭での電気の使い方に無駄がないかを振り返ってみるいい機会にもなる。

たとえば最も無駄な電力となっているのが待機電力だ。
待機電力は、コンセントに接続された家電製品が電源の切れている状態でも消費する電力のこと。電源を落としても10%ほどの電力を常に使っている状態である。電気製品は使わないときはコンセントを抜いておくことで、月1000円程度の節約になる。これは年間にすると12000円ほどの節約効果。

電気は、スイッチを押せば室内を明るくすることができ、TVを見ることができたり、携帯電話を充電することができたりする。オール電化システムを取り入れている家庭では調理や風呂の湯沸しなどすべてにおいて電力が必要。
当たり前のように使っている電力も無限ではないため、何かしらの資源や自然を犠牲にして成り立っているもの。それゆえ、少しずつでも家庭で使う電力を減らす取り組みが求められる。
○電力自由化と停電
従来の電力会社から新電力会社に切り替えた場合、停電が起こらないのか、もしも契約した電力会社が倒産したらどうなるのか。という不安がある消費者もいると思う。
電力自由化により、同じ送電線網を従来の電力会社と多くの新電力が共同で使用することになる。
現状より停電しやすくなることや、電力会社の契約先によって供給が不安定になることはほとんどない。
なぜかというと、すべての会社の電気は、いままでと同じ送電網を入り混じって流れている。そのため、家庭ごとに電気の品質が違うことはないということだ。
電線や電柱の故障対応についても、これらは送電会社がすべて担う。契約した会社によって停電修理の速さの違いもない。つまり、倒産しても供給が止まることもないと言える。
万が一新電力が供給不足に陥った際には、従来の電力会社が補完供給することが電気事業法で決められている。
○電力自由化で「電気を選ぶ」とは
電力自由化により、複数の電力会社から自分が契約する電力会社を選べるようになる。
そのため、自分のライフスタイルに合わせた電力会社や電気料金プランを選択できるようになる。
たとえば、朝早く仕事に行き日中に電気を使わない人、おもに午後から夜遅くに仕事をしている人では電気の使い方が違う。こうしたことを考え、「電気を選ぶ」ということ。
○新しい電力会社を選ぶと、いまの電柱や電線、電気のメーターなどはどうなる
安定した電気をお届けするために、地域の送配電事業者がこれまでどおり電気設備の建設やメンテナンスを行います。
スマートメーターが未設置の場合にはスマートメーターへの取替工事は無償で行います。
○スマートメーターは希望をすれば優先的に取り替えてもらえるのか
従来のメーターの検定有効期間満了に伴う定期的な取替、新築等にあわせての設置、電力メーター情報発信サービスの利用申込みをした方に設置を基本としています。平成28年4月から開始される電力小売全面自由化に伴い、電気の供給者変更(契約切替)の申込みをした方へ設置を開始しています。
○マンションに住んでいるけれど、自分の部屋だけを他の電力会社にできるのか
部屋毎に電力会社と個別契約されている場合は、1部屋だけを他の電力会社と契約することができます。
電気のメーターは電力会社の持ち物なので、賃貸マンションでも切り替えることができます。
高圧一括受電契約をしているマンションは、電力自由化がされても戸別に電力会社を切り替えることはできません。ただし、電力会社によっては高圧一括受電のマンション向けにも、複数のプランを用意している場合があります。その際は、しっかりと自分のライフスタイルにあったプランを選ぶことで、節約につながります。
ただし、集合住宅の契約条件等に特別な規程がある場合がございますので、管理会社・管理組合等にご確認ください。
○再生可能エネルギーとは
再生可能エネルギーとは新エネルギーとも呼ばれます。太陽光や風力、水力、地熱、太陽熱、バイオマスなど自然界に存在するエネルギーのことです。これらのエネルギーは、資源が枯渇しないエネルギーのことです。一度利用しても比較的短期間で再生が可能です。
一方、石油や石炭などは化石燃料と呼ばれ限りのあるエネルギー資源です。
再生可能エネルギーは、環境にやさしく、枯渇の心配がなく、化石燃料に代わるクリーンなエネルギーとして注目されています。
○代表的な新エネルギー
太陽光発電
太陽光発電は、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。
地球上に降り注ぐ太陽エネルギーの1時間分の量は、1年間に消費している世界全体のエネルギー量よりも多いと言われる巨大エネルギーです。しかも、枯渇する心配がありません。
太陽光発電は、日射量の地域差や気候など条件によって差はありますが、地球上のどの地域でも発電・利用することができるエネルギーです。
様々ある太陽光発電の中でも一番多く使われているのは、ソーラー発電で太陽のエネルギーを生かして発電するシステムです。いわゆる太陽電池とも言います。
太陽電池はおもにシリコンで作られています。シリコンには強度と安定性が備わっているため、無人灯台やソーラーパネルとして屋根に取り付けて自家発電させたりすることができます。
太陽光発電の問題点は、太陽光で発電する太陽電池なので夜は使えません。天候が悪い日も発電量は減少しますので発電量は不安定です。

風力発電
風力発電は自然エネルギーの中でも限りなく生産できる再生可能エネルギーの一つである。24時間稼働することができ、コストが低く、環境にも優しい。風の力で風車を動かし、それを別の運動エネルギーに変換して発電機を回す。これが風力発電である。太陽光発電とならび、もっともポピュラーである。
風力発電の風を受ける部分には、水平軸風車とダリウス型と垂直軸型がある。垂直軸型は風を受ける面に対して軸を縦にしてある。
一般的なのは水平型の風車は、大型の設備を作ることができる。しかし振動や騒音もあり、風向きに影響されるなどの面もある。一方で、垂直型は風向きに影響はされない。音も鈴鹿ではあるが、大型の設備ができない。
風力発電は基本的に、風の良いところに敷設される。陸上と洋上とがある。洋上では風が安定して吹き、大きな設備を造ることができる。陸上は建設しやすい利点があるが設備の大きさが決められていて設置場所を選りすぐらなければいけない。
風力発電の原点である風車は歴史が古く、いまから4000年前にエジプトに存在したと言われている。
風力発電のよいところは、二酸化炭素を排出しないところにある。そして場所さえあればどこでも設置は可能である。風力発電にはとくに北海道が適しています。有効な土地が広く、冬の時期は強い風がふきます。
また風力発電のエネルギー変換効率は100%と言われている。日本では900基以上あるが、さらに増えることが予想される。

新たな電力サービスハルエネでんきの魅力とは
家庭向けの電気サービスを探しているのであればハルエネでんきを検討するといいでしょう。これは新電力サービスであって、今までの電気代を安く済ます事ができる優れた会社となっている。全国9エリアに対応して電力を小売している。
基本プランとしてBとCが用意されているのだが、これらは契約容量により分けられている。60A以下だとプランBが設定され、60A以上であればプランCを選択することになる。ハルエネバリュープランを利用すると2年間契約になります。しかし契約期間を設けて割引額を増やしてくれるので安価に電気を使える仕組みとなっている。
とにかく電気料金を節約したい人は基本プランよりもバリュープランを選択するのがお得である。ホームページ上では電気代のシミュレーションができるコンテンツを用意している。どれくらい安くなるのか今の電気代と比べられるので利用してみるといいでしょう。
またあらゆるトラブルに対応してくれるオプションサービスが用意されているのもハルエネでんきの特徴である。おもてなし通訳コールは海外のお客さんに対応するもので、スタッフが代わりに通訳を行ってくれる。通話時間や利用回数に制限が一切なく月額980円で利用できる。365日いつでも利用できるのも魅力的といえる。
プレミアムメンバーズ倶楽部は月額500円で利用できるサービスであって、会員限定の優遇が用意されている。トラブル解決レスキューといったサービスもあるので生活を楽にしたいならハルエネでんきを利用しましょう。

新電力サービスハルエネでんきを知る
株式会社ハルエネでは低価格で安心な電力サービスを行っている。プランが複数用意されているサービスであって、今現在の電気代をもっと安く出来る可能性も高い。しかし電気の品質はこれまでと一切変わらないので安心して利用できる高品質なサービスが魅力と言える。
通常電気の工事により使えなくなる時期が発生するが、ハルエネでんきだと特別な工事や電気の使用できない時間は殆ど無い。申し込みをするだけで簡単に利用できるため検討してみましょう。
仕組みは発電場所から電力を調達してハルエネが各家庭に供給するようになっている。電力会社の送電網を使用しているので不安定な供給になる心配もない。肝心の料金だが、一般家庭用と法人用ものが用意されている。家庭の電気をお得に利用できるハルエネバリュープランLでは基本料金がLBプランで50Aが162000円、LCプランだと324000円である。電気料金は第1段階で120Kwh以下18.24円で120Kwh超え300Kwh以下は24.87円かかりる。
万が一のトラブルが起きたときにも安心して利用できるオプションとしてトラブル解決レスキューが用意されている。こちらは月額600円で年間だと5000円必要だが、ガスや鍵のトラブルに対応してくれる。また電気料金と合算しての請求なので面倒な支払い作業も必要ない。電話一本で24時間対応してくれるところも魅力といえる。
料金の安いハルエネでんきで快適な生活を行いましょう。

ハルエネでんきのプランと行っていること
ハルエネでんきには、一般家庭向けの新電気料金プランである基本プランと、法人向けの新電気料金プランであるバリュープランが用意されています。
基本プランは、電力の消費量が多めの家庭や、電力の消費量が非常に多い家庭に向けた内容となっています。
バリュープランは、一般家庭よりも電力の消費量が多いが、消費電力をなかなか節約できない事業者に向けた内容となっています。
月に3万円以上の電気料金が発生している家庭や、事業者の方に適しているプランとなっています。
法人向けのハルエネでんきバリュープランは、契約アンペア数が40Aから60Aの従量電灯の契約をしている家庭や、契約容量が6kVAから50kVAまでの電灯契約を契約している家庭や、事業所が対象となっています。
電気代が節約できる理由として挙げられるのは、発電をしている事業者から、できるだけ安く抑えた価格で電力を供給してもらっていることや、設備投資にかかる費用や、固定費、人件費などをできるだけ削減していることになります。
このことによって、一般的な送配電業者から電力を提供してもらうより割安な価格で提供することが可能となっています。
ハルエネでんきの電力を供給する行為自体は、これまでの一般的な送配電業者から送電線を介して、それぞれの事業所や、家庭に電力が供給されることになるため、急に停電しやすくなったりするようなことはありません。
ハルエネでんきが行っているのは発電ではなく、電力を小売することだけになります。
そのため、従来と同じ電力の品質を維持することができる訳です。

電気代を節約することができるハルエネでんき
これまでは電気会社については選択肢がなかったので、節約しようと思ったときはいかに電気を使わないで生活したらいいのかというところに重点が置かれていました。例えばエアコンの設定温度を高くしたり、使わない電化製品のコンセントを抜いておくなど、細かい工夫をすることでできるだけ電気を使わないようにして、電気代を節約しようとしてきたわけです。
しかし現在は電気の自由化が実施され、自由に電力会社を選ぶことができるようになったので、自分の生活に合った電力会社を選んでいくことが電気代を簡単に節約することができる方法になりました。
電力会社だけでなく、自由に電気の売買に参入することができるようになったために、たくさんの割引プランやサービスが一気に増えました。今まで電気は選んだことがなかったので、どれがいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
また電気会社を変えるのはいいけれど、工事が必要だったりして面倒くさいと感じている人もいると思います。
ハルエネでんきなら、日本全国の広い範囲で低価格の電気サービスを受けることができます。プランもいろいろとあるので自分の生活に合ったものを見つけることができるでしょう。
さらにハルエネでんきは特別な事情がない限り、メーターを交換するなどの工事が必要ないのでそのまま切り替えることが可能です。
大きな電力マーケットから電力を提供しているので、不安定になったり停電になるといったリスクもなく安心して利用することができて節約もできる電力会社です。

電力プランが豊富に揃うハルエネでんき
ハルエネでんきとは、小売電気事業者の株式会社ハルエネが提供している新しい電力サービスです。新電力といっても電力会社の送電網を利用して電気を届けているので、停電が増えたり電力供給が安定しないといったトラブルは起こりません。今まで通りの品質で電気を利用することができます。
ハルエネでんきの特徴は、料金プランが豊富に揃っていることです。例えば法人向けのプランには、「法人スマートプランL」「法人ライトプランL」「ハルエネ動力プラン」「法人バリュープランL」などがあります。また、法人及び家庭向けのプランに「ハルエネ基本プランL」、家庭向けプランに「ハルエネバリュープランL」などもあります。
それからオプションとして、「ハルエネトラブル解決レスキュー」もあります。ガラスが割れてしまったとか電気がつかない、トイレの水が流れないといった様々なトラブルに24時間365日体制で対応しています。事前に見積もりをするので納得して依頼することができ、支払は電気料金と合算で支払うことができます。また、オプションには海外と電話をする際に通訳してもらえる「ハルエネおもてなし通訳コール」といったサービスもあります。電話一本で、5か国語を日本語に通訳してもらうことができ、手続きも簡単です。レストランでメニューの説明や支払いのトラブルがあった時や小売店で免税の説明をするといった時に円滑なコミュニケーションができるのでとても便利です。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人のみ編集できます